副業でなく本業で夢の100万円年収UPを短期間でやちゃう方法

      2018/02/04

Pocket

あたなは、会社から毎月定額のお給料を頂き、年に1回、もしくは2回のボーナスをありがたく頂戴しながらも、もう少し給料が上がれば色々買い物できて楽になるのになぁ。と考えていませんか?

たしかに、どう頑張っても給料がなかなか上がりにくい配属部門があることも知っています。

さらに会社の業績が右肩下がりで、社員の給料を払うのがままならない会社はさすがに難しいでしょう。

そういう方は、隙間時間に副業などを行うのも手ではありますが、並大抵の努力をし続けなければ、あたなの生活の足しになるようなお金を稼ぐのはかなり難しいと思います。掛けた時間の割に、リターンのあまりの少なさにビックリビビンバの状況に打ちひしがれてしまうでしょう。

これは副業が稼げないと言っているわけでなく、副業で稼いでいる方は実際に存在しますが、この方々から言わしてみれば副業=本業です。それくらい本気で取り組まなければだめですよ。というわけです。片手間仕事でピョンと10万、20万円を稼げるのでしたら誰でも参入しています。

会社に入社してまだ間もないあなたの給料は普通の会社でしたら平均で300万円ほどで、主任クラスで400万円、係長で450万円、課長600~700万円、部長800~1000万円くらいでしょう。あくまで平均ですが、こんなもんです。

幸いにもあなたは、頑張りが数字にすべて反映される営業部という部署に配属されていますよね。

課長、部長クラスになると、プレイヤーとしてあまり現場に行けないので給料の増加はこれ以上望めなく、さらに上を目指そうにもこれがお山の頂点に近いので役員にならない限り難しいのです。

悲しいかな、これがサラリーマンのゴール地点でここから先の領域は私もわかりません。

まぁ、やり方次第で、600万円クラスは意外にすんなりいけるので目指したい方はここから先をお読み下さい。

サラリーマンのだいたいの頂点はこの辺なので、これ以上の収入を目指す方は、起業する方が良いと思います。そういう方は野心が強いのである程度成功する確率は高いと思います。

先ほども言いましたがあなたは幸いにも営業部配属です。よほど会社が右肩下がりの瀕死の状態でない限り、やり方次第で給料UPの実現は可能です。

あたなが、給料をもう少しあげてほしいなぁ。と思っているだけではもちろんあがるワケはございません。

もしかして、給料なんて上げてくれるわけないので、そんなことも考えたこともないよ。て思われる方もいるでしょう。

ここで、質問です。

社長も含め役員達が、新人でまだ1年しか経たないあなたの給料に係長なみの手当分をUPしといて!と経理部に指示してもらうにはどうしたらよいと思いますか?

先輩に2年も3年も同行させて頂き、営業トークを学ぶ為だとしても、会社にとっての売り上げは先輩の頑張り分しかなく、あなたはただの給料ドロボーみたいなもんです。

2年、3年後にデビュー炸裂して、最低でもあたなの給料以上の売り上げを上げてくれないとかなガッカリなやつじゃないですか?

そんなやつが、給料UPしねぇかな~。て言ってるの聞いてどうです?

デビューして1年たち、たった2年後には毎月の給料ベースはそのままですが、ボーナスの頑張り手当が半端なく付与され、いつもの年収よりボカーンと150万円UPしているかたは実際います。年収ベースだと係長と肩を並べています。

現状、役職はついていませんが、これくらいの金額UPなら、全然達成可能な金額です。

ボーナス時期の数か月前にボーナス査定会議というものが行われます。

そこを狙って頑張るということは難しいので、1年を通して必死のパッチで頑張り抜かないといけませんが、『オレは、今期売り上げにかなり貢献した』と自他ともに認めるくらいであれば、自信満々に課長、部長、役員にアピールしても全然問題ありません。日本人は、『言わない方が美徳だ!』みたいな慣習がありますが、これに関しては、しっかりアピって問題ないです。

『今期は、営業部受注目標の4割を私一人で達成しまくりました!!来期はさらに受注見込み客が40社ありますのでさらに受注金額のUPを目指せるので頑張りまくります!!』みたいな暑苦しさ炸裂アピールをしまくって下さい。

アピールすることでも印象に残るし、あなたの営業数字も余計目に付きます。

『ボーナス査定時に役員達が、山田君は今回頑張っていたな。来期も鼻息荒く頑張るようだからもう少し頑張り手当増やしてやれよ。そのぶん、なんも成績残さなかった係長の鈴木君の分を下げとけ。』

みたいな残酷な会議が実は繰り広げられているのです。

営業の努力は、数字で表れます。課長、部長も営業を何十年も経験してきた猛者ですのであなたの頑張りは手に取るように分かりますし、努力を知っていますし、それを継続する大変さもよく知っています。

同じ月日を普通に過ごすより、濃密な頑張りで過ごした方が見える成果としては年収がUPするわ、会社内の立場は上がるわ、で良い事尽くしです。

オレ、1年後に辞めても後悔することない!!と思うくらい会社に対する思い入れる時間を割いて仕事に取り組んでください。

仕事に創意工夫が生まれ、売れる流れが分かってくると、あなたが止まらない限り売り上げはどんどん加速していきます。

起業せずにサラリーマンで頑張る!!と決めたのであれば、給料が上がるのをぼーっと待つのではなく、自分で給料UPの行動を起こして下さい。

そういう奴は、気づいたら3年後には、係長を飛び越して課長代理の席にドーンと座っていますから。

あなたはどこを目指しますか、そのまま低空飛行しますか?サラリーマンの上を目指しますか?やはり起業して月収がサラリーマンほどの年収をもらうステージを狙いますか?

どれが絶対良いとはあなたの人生ですから言えませんが、もしサラリーマンを続けるのであれば、上を目指した方が経済的にも時間的にもかなり楽になります。

役職が上がると、同じ時間会社にいても仕事量は半分だし給料はあなたの2倍以上頂けます。

もう一度言います。100万円以上年収UPするために、必死のパッチで仕事に取組み、自他ともに認める成績を達成して下さい。そうすると、たった100万円UPくらいのお願いは、社長が、『ええよ~。』てな感じで意外にOKもらえる金額ですから。

頑張って下さいね。

 - 未分類