やたら印象にのこす効果的なメール返信スピード時間てどんなの?

      2017/09/18

Pocket

会社に入ると、新規お客さまから製品の問い合わせや、既存客からのトラブルの問い合わせなど、日常茶飯事です。

やる事が多すぎて、脳みそこっぱみじんレベルの状況に追い込まれていても、なにを置いても優先させた方が良いものがあります。

それはお問い合わせ時の対応スピードです。

その対応スピードを意識するだけで、他社より圧倒的に有利になり製品購入の決めてに結びついたり、こいつ一発しばいたろか!とばかりにお怒りのお客様の機嫌がウソのように良くなったりするビックリ効能があります。

たとえば、新規お客様からあなたの会社の製品に興味があり、お問い合わせがあったとしましょう。

直接営業マンのメールアドレスに質問があったり、会社のホームページに問い合わがあったり、または直接電話問い合わせの場合もあるでしょう。

あなたは忙しく業務中だったり、車や電車移動中に問い合わせが入ってもすぐに対応出来ない状況化かもしれません。

いま、忙しいし後でメールしとくか。

いま、電車だし、到着駅についてコーヒーでも飲んで落ち着いてからでも連絡するか。

とか考えていませんか?

これだと50点のどこにでもいる、ダメリーマンといっしょになります。

お客様が問い合わせしたということは、あなたの会社の製品で何かお困り事が解決できるかも?と考えて連絡してきます。または、なんとか今すぐこのトラブルを解決してほしいと思っているのです。

それを呑気に構えて、明日で良いか。とか、会社帰ってから返信するか。

ではお客様の熱は冷めてしまうのです。

最悪だと、連絡こねーし◯◯会社(競合社)に連絡してみるか。とかなるのです。

競合社に連絡して、さらにもう一社(競合社)に連絡すれば、お客様からしたら2社ほど比較したからもう良いか。と考えてしまうのです。

さぁ どうしますか。

あなたの会社にはもう連絡はないでしょう。

お客様もスーパー忙しいので似たような製品であれば2社、多くて3社の話を聞けばお腹いっぱいですし、この3社のどれかから1社を選ぶものです。

後回しにしたことで、売り上げの1つをみすみすロストしたことになります。

あわてて連絡したところで、体の良い断り文句であしらわれて はい終了。 チーンです。

あなたが逆の立場だったらどうですか?

問い合わせたと同時に秒速で連絡が返ってきたら。

『なんや! この会社の営業マン、バケモンちゃうか?』

『メール送って、30秒で返信してきおったわ。 』

もし電話が出来る状態ならば、電話の方が尚良いです。

問い合わせ頂いた30秒後に

『◯◯会社の山田と申します。お世話になります。数ある製品の中、弊社製品にお問い合わせを頂きまして大変ありがとうございます。ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。 弊社製品のどういったお問い合わせでしょうか?よろしければ今からお伺いさせて頂き、内容をお聞きさせて頂いてもよろしいでしょうか?急ですので明日のご都合の良い時間はございますでしょうか?』

はい こんな感じて大丈夫です。

あなたの会社の製品が気になって問い合わせてきてますので間違いなく会ってくれます。

 

お客様からしたら

『メチャ早!

なんじゃ この営業マン スゲー!』

て思って頂けます。

『しかも、今から来るとはなかなかやりおるな。気合い入りまくり感がスゲー。』

とも思って頂けます。

お問い合わせを頂いた翌日や当日でも半日過ぎて連絡してたら他社と同じなんです。毎度のドングリの背比べに思われ同じ土俵になってしまうのです。

電車移動中でも、次の駅でパッと降りて、少し後ろがガヤガヤうるさくも電話してください。

『◯◯会社の山田と申します。この度は弊社製品のお問い合わせを頂きまして大変ありがとうございます。少し後ろがうるさいですが申し訳ございません。もしお時間がございましたら今からお伺いさせて頂いてもよろしいでしょうか?』

お客様からしたら、なんて対応の早い会社だろう。購入後のサポートも迅速に対応してくれそうだ。と思ってくれるのです。

どんなに忙しくても、営業会議中でも、少し席を立って連絡してみて下さい。

会議より、受注した方が会社にとって良い事だし、あなたにとっても良いことばかりです。

お客様のお問い合わせを第一優先におき、お客様の期待を裏切るスピードで返信連絡して下さい。

厳しい商談が不思議なくらいあなただけスムーズに行くがわかりますから。

スムーズに行くのは、もちろん あなたの秒速で対応した相手のお客様が、社内で根回しして動いてくれているからなのです。

重要だからもう一度言います。お客様からの問い合わせには秒速で返信または電話連絡して、間髪入れず当日訪問の勢いで対応してみて下さい。

頑張って下さいね。

 - 未分類