高梨沙羅の辞めたワックスマンは誰?仕事や現担当と小浅星子の可能性も!

   

Pocket

平昌五輪まで残り1ヶ月と迫ってますが、高梨沙羅さんが本調子で無いためネット上では心無いコメントが飛び交っており何とも言えなく見ていると心が痛みます。

愛車の2000万円のベンツを乗っていることによる嫉妬やお化粧をされて可愛くなったことによる意味の分からない批判(二重まぶただ、鼻筋がきれいになった)etc..

そんなことにうつつを抜かしているから成績が悪くなるんだと。

どんな車に乗ろうが、お化粧してかわいくなろうが文句言われる筋合いはないと思います。

若いから高級車はまだ早いとか。。軽自動車だと良いのかな?

化粧しすぎとか。。すっぴんの方がスポーツ選手ぽいのかな?

稼いでいるのに軽自動車に乗るのはケチだとか、すっぴんなのでかわいくないとか、もうキリがないと思うので、ネット上での書き込みには気にせず平昌五輪に集中していつもの沙羅さんを出してほしいです。

日本女子スキージャンプの期待の星ですよ。

清宮幸太郎 父の教育方針と家訓とは?大好物のキモすぎる料理を調査!

日本人が潰してどないなんねんて話ですよ。これが競争している国が足を引っ張るためにだったら話はまだわかりますけど、同じ国民が。。。ほんましょーもない。

あまり高梨沙羅さんを知らない方々がこういう上辺だけの情報だけで騒がれておりますが、実は不調な大きな理由のひとつに、『ワックスマン』が代わったことが大きな原因となっているようです。

読んで字のごとく、ワックスをぬる人のことです。

いままで快進撃を続けてこられたのも、この縁の下の力持ちの存在があったからで、これがなくなることで、高梨さんの本来あるパフォーマンスが発揮できないのです。

そんな重要な役割をもつ、

・高梨沙羅さんの辞められたワックスマン担当は誰?コーチも!
・ワックスマンの仕事内容や現在の担当者は?
・ワックスマン小浅星子さんとは?急遽変更の可能性も!

を紹介していきますよ。

Sponsored Link

 

高梨沙羅さんの辞められたワックスマン担当は誰?コーチも!

ワックスマンのお仕事内容は後で述べるとして、仕事内容とは別に選手にとってはすごく大切なものを強くしてくれる役割がワックスマンにはあるのです。

それは、『メンタル』です。

ワックスマンは常に選手と接しているだけに気持ちのサポートもする役割もあるのです。

辞められたワックスマンは、食事中も明るくたのしく、いつも場を楽しませてくれる存在だったようで沙羅さんも全信頼を置かれていた方だけに、この人は辞められたのはかなり痛いです。

辞めた理由はわかりませんが、『勇退』されたとしか現段階ではわかりませんでした。

代わりの任せれるワックスマンが出てきてからでも良かったのでは・・

ま、言っても仕方ないので、その素晴らしきワックスマンのお名前は、『ゲオルグ・ライゼナウアー』さんで出身はオ-ストラリアでサービスが凄腕だそうです。欧州の情報通でもありかなり明るい性格で、コーチからもかなりの信頼を得ていたようですね。

沙羅さんのコーチは、美人で有名な山田いずみコーチです。日本女子ジャンプのパイオニアです。

                      

沙羅さんのコーチになる前の現役引退までは国内敵なしの強さで【女王】とも呼ばれており女王にふさわしいジャンプと美しさの持ち主です。

そんな女王にも信頼されていたワックスマンのゲオルグ・ライゼナウアーさんの仕事とはどんなことをされていたのでしょうか?

高梨沙羅,辞めた,ワックスマン,誰,仕事,現在,担当,小浅星子,愛車,ベンツ,二重まぶた,鼻筋,化粧,実家,セブンイレブン,魚,焼肉,豪邸,山田いずみコーチ

ワックスマンの仕事内容や現在の担当者は?

沙羅さんがきれいになったことや、スキージャンプの成績ばかりに気がいってしまいがちですが、沙羅さんを支える裏方さんにもフォーカスしてみると仕事の裏側が知れて面白くなりますよ。

スタッフの支えもありますが、沙羅さんの家族の支えもこの超人的な記録の後押しになっております。

父親の高梨寛也さんもスキージャンパーだったので小さいころからお父さんの活躍を見て私もお父さんみたいなジャンパーになろうと思ったんでしょうね。

子供は両親の背中をみて育ちますからね。お父さんのジャンパーとしての生き方がよかったんでしょう。

お父さんの高梨寛也さんを調べてみると、ジャンパー以外に経営者の顔もあるようで、セブンイレブンから魚屋、焼肉店まで展開しており随分経営の手腕が素晴らしく沙羅さんのお部屋の写真を見る限りかなりの大きな豪邸を建てられておられるのがわかります。

話を戻しますが、ワックスマンの仕事内容としましては、

文字通りワックスをスキー板にぬる仕事で選手が早く気持ちよく滑れるようにスキー板を作りこむことが仕事になります。

スキージャンプの世界では時速が1キロ変わるとジャンプの飛距離も大きく変わるので、雪質や温度、水分など様々な要素を考慮してスキー板にワックスを塗り分けるのですが、種類も多くその日の試合毎に選手の最も良い滑りを生み出す為に最適なワックスを選定する技術が必要なのです。

そう、コンシェルジュみたいなもんですね。

この選定が、ジャンプ飛距離に効いてくるので非常に重要な役目になります。

そんな凄腕ワックスマンのゲオルグ・ライゼナウアーさんの代わりに担当されているのがヨーロッパ人がされているのですが、記者にも漏らすほど沙羅さんと噛み合ってないようですね。((+_+))

そんな中、日本国内に凄腕ワックスマンがいるのでその方に白羽の矢が立ちそうですよ。

Sponsored Link

 

ワックスマン小浅星子さんとは?高校や大学と大会記録も!

日本国内にも凄腕ワックスマンがいるということで調べてみると女性でお名前は『小浅星子』さんという方です。

【ワックスマン】てなだけに男性だけの職業なのかと思っていたらかわい女性が担当されているので驚きました。

・生年月日 1983年2月24日
・出身 山形県米沢市
・高校 九里学園高等学校
・大学 札幌大学
・クラブ ライズジャパン

国内大会で優勝したり、ワールドカップやコンチネンタルカップで好成績を残された凄いジャンパーでして実力は折り紙付きでござます。現在はスキー用ワックス製造販売会社の『ガリウム』で会社員として勤められておりますが、ジャンパーの経験も生かして日本代表チームにも同行されております。

小浅さん最強の武器は、『選手との感覚の近さ』になります。

ジャンパーの違和感を聞いただけで、このワックスに代えようとか選択できるのですから、これはジャンパーだった経験が生かせる小浅さんしか成しえない仕事でありポジションですよね。

しかも、高梨沙羅さんを幼稚園から知っているということも大きな強みであり、沙羅さんもお姉さんのように慕っているので平昌五輪での復活の為にも急遽ヨーロッパのワックスマンさんの代役で出てくれることを祈っております。

平昌五輪で沙羅さんの大ジャンプでの活躍をして、心無いコメント野郎たちをぶっ飛ばして欲しいです。

この記事を最後まで読んで頂き大変ありがとうございました。

 - スポーツ , , , , , , , , , , , , , , , , , ,