ジェイソン・ブラウンと振付師はおねぇ?日本語が上手い理由も調査!

      2017/11/25

Pocket

フィギュアスケートの羽生結弦さんがグランプリシリーズ第4戦NHK杯の前日練習でケガしちゃいましたね。

4回転ルッツを跳んだ際に転倒し、負傷右足関節外側靱帯(じんたい)を損傷されたようですね。

多少のケガでは無理してでも出られる羽生さんだけに今回は欠場するということはかなり重症かもしれません。

心配すね。

そんな羽生さんには世界の盟友スケーターからエールが届けられて世界中から愛される人間なんだなぁ とつくづく思いますね。

そのエールを送るなかに、かなり気になる選手がおりまして、身振りもオネェ全力男子スケーターがいるのですが、エールのメッセージやトークも日本語で、しかもうまい!!

外見もスペックも気になってきましたよ。

そのスケーターはジェイソン・ブラウンさんといいまして、いまから本業のスケーター以外でブレイクのにおいがする人物です。

調査していきますよー。

Sponsored Link

 

ジェイソン・ブラウンと振付師ローヒンはおねぇ?

ジェイソン・ブラウンさんの表情やしぐさが女の子みたいですよね^^

羽生さんのエールメッセージボードも、もはや女の子かぃ!ていうよな、プリティな絵柄付きメッセージで、『ゆずるさんへ、はやく よくなってください!! ♡』大きなハートつき。

なかなか全開で飛ばしていますなー。^^

ブラウンさんも気になるのですが、さらに気になるのが、コーチとは別の、隣にいらっしゃる振付師さんなのですが、すでに見た目からかなりレベルが高いおねえ力を発しているのでみなさんも『あの振付師ナニモンや!』て思っていませんでした?^^

わたしもかなりそう思いましたので振付師のローヒンワードさんを調べてみました。

ローヒンさんは、ゲイでございまして、それを隠したりしておりません。

北米のスケーターさんは、かなりゲイさんが多いのは有名なんだそうです。

美しさを求める競技ですから、おねぇの方が必然的に集まってくるんですかね^^

選手とコーチや振付師と深い関係になることはよくあることなのでジェイソン・ブラウンさんとローヒンワードさんもあり得るのかな?

ジェイソン・ブラウン,振付師,おねえ,日本語,選手,コーチ,4回転,彼女,振付師,ローヒン,youは何しに日本へ,羽生結弦

ジェイソン・ブラウンが日本語が上手い理由は?4回転飛ばなくても90点越えする理由も調査

ジェイソン・ブラウンさん自身が日本が大好きで日本語がしゃべれる理由を述べていますよ。

ブラウンさんが生まれる前に両親が日本を半端なく好きなようで、よく旅行で来られていたようです。

ブラウンさんが小さい時に、両親は日本のことをよく話してくれていたそうです。

また、日本レストランも連れて行ってくれるそうで、誕生日のたびに鉄板焼きのお店に連れて行ってくれるそうです。

お好み焼きやとかかな?

そんな両親のもとで育っていたので、『いつか日本にいきた~い♡』て思っていたそうです。

月日は流れ15歳の時に、フィギアスケートのコンペティションで軽井沢に行くことになり『ワクワクしました~♡』『夢がかなった~♡♡』と言っておられますね^^

軽井沢にきてからは、時間の空いた時にたくさんの日本食を堪能されて日本食が大好きになったようです。

坂井絢香(ポールダンス)の日本一の技は?あの腹筋になれる教室も調査!

さらにジャンプで失敗して落ち込んでたときに、日本のファンの方々のやさしさにふれてさらに日本という国がもっと好きになったそうです。

アメリカに帰りたくなかったくらい日本が良かったようで、日本文化や言葉を覚えたい気持ちが強く、これだけ上手にしゃべれたり、日本語でツイッターができるのでしょう。

4回転飛ばなくても90点越えするジェイソン・ブラウンさんの凄さをご紹介したいと思います。

バンクーバー五輪で90点越をしていた選手が実は2人いました。

一人はエバンライザチェックさんで、二人目は高橋大輔さんです。

しかし、その時はステップが現在より1つ多いですよね。

ステップが減ってから90点越えをしたのはジェイソンさんしかいないんです。

ブラウンさんは美しいポジションでスピン・スパイラルと柔軟性が特徴だと思います。

また、リズム感と表現力が高い選手です。

フィギュアスケートはジャンプだけに目がどうしても行ってしまいがちですが、そうではないよと教えてくれるフィギュアスケート選手なんです!!

ジュニアグランプリファイナルではトリプルアクセルなしで優勝してましたしね。

もし、四回転が1つでもあれば確実に世界のトップをとれる選手なんですね。

Sponsored Link

 

ジェイソン・ブラウンのコーチは以前『youは何しに日本へ』に取材されていた?

ジェイソン・ブラウンのコーチはコリ・エイドさんという女性の方です。

エイドさんは、ブラウンさんとは5歳からの付き合いなんです。

かなり長い付き合いですね~。

なんとエイドさんは5歳の時にブラウンさんがフィギュアスケート選手になることを見通していたエピソードがあります。

ジェイソンのお父さんに、『学校へ行く前にもスケートの練習をする必要がある』と言っていたそうです。

すでにこの時からコーチをされていたんですね。

ちなみにお父さんは、ジェイソンのスケート才能はダメだと思っていたそうですよ。

エイドさんすげーな。

エイドさんは、2017年現在で43歳の二人のお子様がいらっしゃるママさんです。

そんなジェイソン・ブラウンさんと、コリ・エイドさんとジェイソン・ブラウンさんが、東京の国際大会で空港に到着した際に、『youは何しに日本へ』のスタッフにたまたま取材されておりましたよ。

国別対抗の団体戦で来られていたんですね。

試合の結果は、3位 日本、ロシア 2位 アメリカ 1位でしたよ^^

取材時には羽生結弦さんの話もでまして、じつはマブダチの写真も見せてくれていました^^

個人的にすごく大好きな選手なので、今後の活躍とメディアの活躍も期待しております。

 - スポーツ , , , , , , , , , ,